京都府立医科大学 疼痛・緩和医療学教室では、患者さんの痛みや苦痛を減らすことで、その人らしい人生を過ごしていただける医療提供を目指します。

京都府立医科大学 疼痛・緩和医療学教室
150years 京都府立医科大学

京都府立医科大学 疼痛・緩和医療学教室

MENU

教室紹介
Introduction

スタッフ紹介・
関係病院

スタッフ紹介

教授・診療部長

天谷 文昌
Fumimasa Amaya

京都府立医科大学(平成5年卒)

ペインクリニック専門医、麻酔科専門医、集中治療専門医、救急科専門医
痛みの診療に興味があり、麻酔科医を選択しました。患者の全身状態を把握することに興味を覚え、集中治療の分野に在籍したこともありますが、当初の夢を実現すべく現職となりました。疼痛治療と緩和医療には治療状況や全身状態の把握が重要で、これまでの全身管理の経験やノウハウを教室員と共有し、痛みのジェネラリストを育成したいと思っています。

疼痛緩和医療部副部長・麻酔科准教授

上野 博司
Hiroshi Ueno

京都府立医科大学(平成9年卒)

ペインクリニック専門医、慢性疼痛専門医、麻酔科専門医
麻酔科医としてスタートし、痛みを取ることの重要性を認識し、痛み診療を専門とするようになりました。がんの患者さんの苦痛を緩和することの素晴らしさを感じて、痛み診療、緩和ケアに日々取り組んでいます。

講師・診療科長

小川 覚
Satoru Ogawa

兵庫医科大学(平成16年卒)

麻酔科専門医、心臓血管麻酔専門医、血栓止血認定医
卒後は救急医療や手術麻酔の研鑽を積んできましたが、緩和医療やペインクリニックへ活動の場を広げたいという思いから当教室に入局いたしました。患者様やご家族の困難と向き合い、穏やかな時間が過ごせるお手伝いをしたいと思っています。

助教・診療主任

松岡 豊
Yutaka Matsuoka

京都府立医科大学(平成22年卒)

麻酔科専門医
麻酔は一通り出来るようになったのですが、まだまだ知らない痛み・オピオイド・ブロックの領域もしてみたいと思い、疼痛緩和ケア科に来ました。痛かった人が痛くなくなったと仰るのが嬉しいです。

病院助教・医員

谷口 彩乃
Ayano Taniguchi

滋賀医科大学(平成16年卒)

緩和医療専門医、ペインクリニック専門医、麻酔科専門医
緩和医療に携わりたいと夢みた14歳、どうすれば緩和ケア医になれるのか悩んだ24歳。麻酔からペインクリニック・緩和医療と進んだことは、多くの意味で正解でした。家庭と仕事の両立に奮闘中、3児の母です。

病院助教・医員

波多野 貴彦
Kiyohiko Hatano

関西医科大学(平成17年卒)

緩和医療専門医、ペインクリニック専門医、慢性疼痛専門医、麻酔科専門医
手術麻酔で超音波ガイド下神経ブロックを学び、痛みの治療に興味を持ちました。現在は、ペインクリニックのみならず、緩和医療の分野においても神経ブロックや薬物療法を駆使し、1人でも多くの患者様の痛みが取れるように励んでおります。

病院助教・医員

仲宗根 ありさ
Arisa Nakasone

滋賀医科大学(平成19年卒)

ペインクリニック専門医、麻酔科専門医
緩和医療を学びたくて入局しましたが、手術麻酔、ペインクリニックにも携わることができ、本当にありがたい環境です。日々の診療の中で、今も迷うことばかりですが、たまに行く大好きな温泉等に癒されています。

病院助教・医員

永井 義浩
Yoshihiro Nagai

岡山大学(平成22年卒)

麻酔科専門医
知識と技術で、痛みに悩む患者さんの生活や、がん患者さんの人生を少しでも良いものにできるよう、日々研鑽しています。鴨川や大文字山など自然に囲まれた環境に、コーヒー、パン、カレー。京都最高です。

大学院生・医員

堀江 里奈
Rina Horie

名古屋大学(平成20年卒)

ペインクリニック専門医、麻酔科専門医
前勤務地で手術室外の痛みの診療を依頼されたことをきっかけに、疼痛・緩和の勉強をしたくて当教室に来ました。周術期のみであった患者さんとの関りが、その方の人生の歩み方のお手伝いにまで広がり、会話が楽しい毎日です。

後期専攻医

藤原 恵
Megumi Fujiwara

愛知医科大学(平成18年卒)

緩和医療専門医、ペインクリニック専門医、麻酔科専門医、救急科専門医
麻酔科の経験を生かした緩和医療・ペインクリニッを研鑽できる環境を探し、京都へたどり着きました。恵まれた環境に感謝しながら日々精進して参ります。

大学院生・医員

平川 由佳
Yuka Hirakawa

防衛医科大学(平成20年卒)

麻酔科専門医
もともと神経ブロックが好きで、その技術を活用しつつ患者さんと関われるペインクリニックに魅力を感じて勉強を始めました。また、がん患者さんの症状緩和の重要性を感じる出来事があり、ペインクリニックと緩和ケアの両方を研修できる当教室に学びに来ました。和気藹々とした雰囲気の中、コツコツ勉強中です。

大学院生・医員

丹波 和奈
Kazuna Tanba

琉球大学(平成21年卒)

総合内科専門医、血液専門医
病と共にあっても人生を楽しむお手伝いがしたいと医師を志し、特にがん治療に興味を持って血液内科医になりました。がん治療医と緩和ケア医、両方の視点を持つことでがん治療をがんばる人たちに少しでも寄り添えればと思っています。

研修員

吉河 淳
Atsushi Yoshikawa

川崎医科大学(平成20年卒)

麻酔科専門医
大学病院から一般病院への異動をきっかけに他科から痛みに関して様々なコンサルトを受けることが増えたのをきっかけに、疼痛緩和分野での専門知識・経験が必要と強く感じ、研修させていただいております。

心理療法士

茅野 綾子
Ayako Kayano

臨床心理士、公認心理師
病を抱えた患者さんの心の辛さに専門的な心理的援助を提供したいと思い、心理士になりました。ただ苦しむだけではなく、その出来事をきっかけとして自らの内面を深く変化させていかれる患者さんに日々勇気を頂いています。
スタッフ

関係病院
(緩和医療関連施設のみ)

常勤派遣 非常勤派遣
京都市立病院 京都第一赤十字病院
洛和会音羽病院 舞鶴医療センター
済生会滋賀県病院