京都府立医科大学 疼痛・緩和医療学教室では、患者さんの痛みや苦痛を減らすことで、その人らしい人生を過ごしていただける医療提供を目指します。

京都府立医科大学 疼痛・緩和医療学教室
150years 京都府立医科大学

京都府立医科大学 疼痛・緩和医療学教室

MENU

がん診療に携わる医師のみなさまへ

京都府立医科大学疼痛・緩和医療学教室の HP へお越しいただきありがとうございます。私たちの教室は疼痛治療と緩和医療を専門としています。
がんは痛みを伴いやすい疾患であると言われています。先生方も、普段のがん診療において緩和できない痛みを経験されたことがあるのではないかと思います。オピオイドやステロイドなどの薬物を調整しても痛みが改善しない、そのような症例を少なからずご経験されたことがあるかと思います。

我々の教室は、全国的にもめずらしい、疼痛治療と緩和医療を一体化して診療し、その普及を図ることを目的に全国に先駆けて誕生した教室です。
大学附属病院には疼痛・緩和ケア外来・緩和ケアチーム・緩和ケア病棟からなる緩和ケアセンターがあり、がんと診断されたときからはじまる緩和ケアから終末期ケアまで、緩和医療を網羅的に実践しています。
疼痛・緩和ケア外来では慢性痛からがんまで、さまざまな患者を診療していますが、特に、難治性のがん性疼痛について、我々の専門性を活かしたインターベンション治療を実践しています。
例えば、腹部臓器の悪性腫瘍に対する上腹部または背部の疼痛に対しては、透視下腹腔神経叢ブロックを積極的に行っています。内臓痛に神経障害性疼痛を合併した症例で、多量のオピオイドを使用しても痛みが緩和しないケースには、脊髄くも膜下ポート留置術を導入し ています。現状では、がん診療を行うすべての病院でこのような疼痛治療ができるわけではありませんので、治療の難しい疼痛を有した患者さんを地域の病院からご紹介いただくこともあります。

これまで実地的に身につけた緩和ケアのスキルを体系的に整理したい、難治性の疼痛を持つ患者さんの管理方法を身につけたい先生方、ぜひ当教室で一緒に学びませんか?興味のある方はぜひ一度見学にいらしてください。お待ちしてしております。