京都府立医科大学 疼痛・緩和医療学教室では、患者さんの痛みや苦痛を減らすことで、その人らしい人生を過ごしていただける医療提供を目指します。

京都府立医科大学 疼痛・緩和医療学教室
150years 京都府立医科大学

京都府立医科大学 疼痛・緩和医療学教室

MENU

若手麻酔科医のみなさまへ

京都府立医科大学疼痛緩和医療学教室の HP にお越しいただき、ありがとうございます。当教室の特徴として、麻酔科専門医が多く在籍しており、麻酔科医のサブスペシャリティとしてペインクリニック×緩和ケアを選択した医師たちで構成されています。

麻酔科学には多くのサブスペシャリティが存在します。心臓手術の麻酔、小児麻酔、集中治療など様々な選択肢の中にペインクリニックや緩和医療も含まれます。ただし、ペインクリニックも緩和医療も手術室での研修では経験しない領域ですから、そこで自分が働いている所を想像できない、という方も多いかもしれません。

手術麻酔管理の基本は、手術に伴う患者さんの苦痛を取り除くことにあります。この点で、ペインクリニックや緩和医療もそれと共通した目的を持っています。一方で、ペインクリニックや緩和医療は患者さんの日々の生活のなかにある痛みや苦痛に向き合う必要があるという点で大きく異なっています。手術麻酔を「一日がかりの登山」に例えるなら、ペインクリニックや緩和医療は「日常生活の坂道」のような存在です。手術を受けることは人生の一大イベントで、それをサポートするのが手術麻酔の使命です。一方、患者さんの視点に立てば、手術が終わった後も病気と闘う人生が続きます。我々は、そのような患者さんたちの生活の質をより幅広く、長期間にわたって改善したいという思いで診療にあたっています。

麻酔科医は手術室で高度な技術と知識を身につけています。硬膜外麻酔、神経ブロックの技術やオピオイドの使い方などは、ペインクリニックや緩和医療の診療にはなくてはならない強みです。手術室の濃密な時間の中で培ったみなさんの技量と経験を、ペイン緩和が対象とする広大な領域に応用することはやりがいのある仕事です。さまざまな患者さんに対し疼痛治療を行うことで、みなさんの麻酔技術がより洗練されることも間違いありません。

私たちは、最初からペイン緩和医療を志した人、ひょんなことから途中でペイン緩和医療に興味を持った人など、様々です。詳しくはスタッフ自己紹介文をご覧ください。
がんプロフェッショナル養成講座としての大学院入学も受け付けています。臨床研究のページをご覧ください。ペイン緩和医療の臨床研究を行い、通常より早く日本緩和医療学会専門医の申請資格が入手できます。
ペインクリニックや緩和医療の診療だけでも麻酔科専門医を維持することは可能ですが、新規に取得する場合は手術室での麻酔管理が必要となります。当教室は、京都府立医科大学附属病院麻酔科専門医プログラムの連携施設です。専門医未取得の方はご相談ください。

ペイン緩和医療ご興味ある方は、気軽に当教室への見学にお越しください。お待ちしております。