京都府立医科大学 疼痛・緩和医療学教室では、患者さんの痛みや苦痛を減らすことで、その人らしい人生を過ごしていただける医療提供を目指します。

京都府立医科大学 疼痛・緩和医療学教室
150years 京都府立医科大学

京都府立医科大学 疼痛・緩和医療学教室

MENU

医学生・初期研修医のみなさまへ

京都府立医科大学疼痛緩和医療学教室は、同附属病院卒後臨床研修プログラムの一環として初期研修医を受け入れています。独立した診療科が運営する緩和ケア・疼痛治療の研修は全国にもめずらしく、多くの初期研修医がローテートしています。

国民の二人に一人ががんに罹患する現在、多くの医師がなんらかの形でがん患者さんの診療に関わっています。がんの治療成績を改善させる方策にはどのようなものがあるでしょうか。新しいがん治療を考える、適切な化学療法を行う、技術の高い手術をする・・・様々な方法がありますが、私たちの教室では、がん患者の持つ苦痛をアセスメントし、これを緩和することで患者予後の改善を目指しています。
がんに罹患すること自体がさまざまな苦痛を伴いますし、がん治療に苦痛が伴うことも少なくありません。適切な苦痛の管理が化学療法の完遂率を上げること、早期から開始する緩和医療ががん患者の生命予後を改善することは疫学研究においても実証されています。我が国において、緩和医療はがん診療を対象として始まりました。しかしながら現在、がん以外の生命をおびやかす疾患についても緩和医療が果たすべき役割は多いと言われています。さまざまな疾患、治療のため病院を受診する患者さんの苦痛を評価し、治療科とともにマネージメントすることが私たちの使命です。

がんや重い病気に罹患していなくても、痛みを抱えて日々の生活に支障をきたしている人も少なくありません。痛みは生体に対する警告信号の意味がありますが、痛みが長期化し警告信号としての役割をなしていないケースについては治療介入が必要となります。高齢患者では慢性痛の治療が不十分なまま放置されているケースは少なくありません。慢性痛は働き盛りの世代にも多いと言われ、就労障害の要因になっています。
私たちは疼痛コントロールの専門家として、神経ブロックや低侵襲治療、薬剤調整と心理社会的アプローチのバランスを見極めながら慢性痛治療に携わっています。痛みをゼロにすることを目標とするのではなく、日常生活への悪影響を最小にして、生活の質を確保することを目標にしています。

また、神経障害性疼痛などの慢性痛の病態解析を中心とした基礎研究や、慢性痛の疫学調査を始めとする臨床研究を積極的に行っています。両者を融合し、新しい疼痛治療のありかたを提案し、発信することも我々の重要な責務です。

疼痛治療と緩和医療、どちらの領域においても、患者の生活の質を第一に考える姿勢を我々は重視しています。患者に寄り添うやさしさと、新たなエビデンスを提案する熱意を持つ方を求めます。興味ある方は、当教室まで気軽に見学にお越しください。お待ちしています。